ボディ用洗車用品の正しい使用方法について

ボディ用洗車用品の正しい使用方法を守らないと、車に傷を付けたり痛めたりしてしまいますので注意が必要です。
始めに車全体に水を掛け、水を流しながらスポンジで優しくなでるように砂やホコリを水洗いします。
次に、汚れを落としやすくさせる働きと、ボディの滑りを良くする働き、キズを防ぐ働きなどのあるシャンプーで、車全体を洗います。
洗い終わったら、水を掛けてシャンプーの泡をしっかり洗い流します。
この時、泡が残っていると、乾いた時に跡になりますので注意が必要です。
次に、セームやクロスなどを使ってボディに付いた水滴を拭き取ります。
水滴が残っていると、水道水に含まれるカリウムやカルシウムなどがボディに付着して白い跡が残ってしまったり、水滴がレンズの役目をしてボディを痛めたりしてしまいますので、素早く作業します。
次に、ボディに光沢を出す役割と、コーティング効果などのあるワックスを使うのですが、ボディ全体に塗ってしまうと、乾きすぎてしまい、拭き取りが困難になってしまうので、パーツごとに塗り、拭き取ったら次のパーツを塗る方法が効率的です。
ワックスには固形、ハンネリ、液体などの種類があり、ボディカラーによっても分けられていますので、注意が必要です。

コメントは受け付けていません。