‘未分類’ カテゴリー

エアコンやシートの臭いにも気をつけよう

自動車のボディは一生懸命洗車するのに、車内はあまり掃除しないという人が少なくないようです。しかし、掃除をしないでいると、汚れや埃、カビなどがたまってとても不衛生です。車の室内は密閉空間ですので独特な臭いがこもるようになりますし、汚れた室内の空気を吸い込むと、健康にもよくありません。常に清潔にしておくことを心がけると、車を運転するのも気持よく楽しいものです。

汚れがたまりやすいのはまず足元です。靴と一緒に泥や砂、小石などが入り込むので、掃除機でしっかり吸い込みます。フロアマットもしっかり取り出して水洗いするとすっきりします。ガソリンスタンドにフロアマット洗浄機が置いてありますので、それを使うと便利です。また、シートも目に見えない汚れがこびりついていますので、掃除機をかけた後は、シートクリーナーなどでしっかり汚れを拭き取ると良いでしょう。その際に表皮に合わせたクリーナーを使うことが大切で、間違うとシミになったりすることがあります。

エアコンもフィルターが汚れてくると、カビ臭くなったり、空気の出が悪くなったりしますので、2万キロ程度走行したらフィルターを交換すると良いでしょう。エアコンをかけたとき臭くなくなると思います。

車内のお手入れを忘れていませんか?

自動車は手入れ次第で長持ちするかどうか決まります。
特に自動車は青空駐車場に停めていることが多く、夏は炎天下のもと、また雨や雪などいろいろな天候にさらされている状況になります。
やはり太陽光線や温度差によってくるまはどんどんと劣化してきます。
それを少しでもケアするには手入れが必要がです。室内はエアコンをかけていることも多くあまり温度差は気にならないかもしれませんが、ウィンドウからの太陽光線でダッシュボードの日焼けを起こすこともあるのでウィンドウガラスに太陽光線を遮るようなものを取り付けておくといいでしょう。
室内はやはり外気が入ってきます、外気には汚れが含まれているのでおのずと室内も汚れてくるのです。
そのような場合はシードなどに汚れが付いてしまいます。シートの汚れはどのようにとればいいか、まず掃除機などで汚れを吸い取ることです。
そしてタオルなどで拭くということになりますが、単純に吹いてしまっては汚れを伸ばすだけなので、叩くようにして汚れを取るといいでしょう。
このように室内も汚れや劣化してしまうのでこまめに掃除をしたり手入れをする必要があります。
室内が綺麗だと乗っていても気持ちのいいものです。

車内用お手入れ用品について

食べ物の食べかすや衣服の綿埃など車内はなにかと汚れてしまいます。そのままにしておくとダッシュボードにツヤがなくなったりシミになったりするなど見た目も良くありません。車内をこまめにお手入れすることで、見た目もキレイに快適なドライブができます。車内のお手入れ用品には、シートクリーナーがあります。車内の汚れを除去してくれるアイテムです。使い方はまず汚れに築いたら直接拭くのではなく、シート専用のウェットティッシュでふき取ってから使用しましょう。ゴミが付いている場合は掃除機で吸い取ってからシートを使いましょう。シートで車内を拭いた場合水分が車内に残っています。そのままにしておくとカビの発生の原因になるので、しばらくドアを開けておきましょう。内装クリーナーは布シートのシミや汚れを除去してくれるケミカル用品です。ダッシュボードや樹皮パーツなど汚れが付いているところならどこでも使用する事が出来ます。使い方はまずシートの表面に直接吹きかけます。吹きかけた後クロスで生地を毛羽立てるように拭いていきましょう。車内の除菌や消臭を一度に行いたい場合スチームを出す燻煙剤があります。このアイテムはエアコンを利用して車内を循環して空気を清浄します。

洗車は金属のついていない服装で!

大切な愛車の洗車、自分でするときには服装に注意が必要です。

 車の屋根や高い部分を洗うときは、体が車のボディに密着します。そんな時、ベルトのバックルでボディをこすると傷がついてしまいます。せっかくきれいにするつもりが逆に傷をつけてしまっては仕方がありません。
 ベルトのほかにもポケットの中のコインなども、意図せずに体が車にもたれかかったときなどに危険です。

 暑い季節は上はTシャツに下はスウェットなど、寒い季節の場合は、下はスウェットでいいですが、上着で金属のファスナーが付いたスウェットなどは絶対に避けましょう。
 また、体が車にもたれかかるのを防ぐため、高いところや車の屋根を洗うときは、足段などを利用するのがおすすめです。金属で出来た脚立は危険なので、カー用品店などで、バケツに洗剤などが入って蓋が付いたもので、上に人が乗っても大丈夫なものが売っているので、これなら車のすぐ横においても安心です。

 すぐに終わるから大丈夫と高をくくって着替えをしないで作業をすると、こすったいやな音に気付いて後悔しても後の祭り、夏の暑い時期と冬の寒い時期、それぞれに、車を洗うときに使っても心配がない服を一揃えずつ用意しておくのも便利です。

洗車は愛車お手入れの基本です!

車の手入れには、いろいろな方法があります。まずは、ボディーシャンプーを使ってボディーに付着したほこりやタールなどを洗浄します。
その際、水道水でボディー全体を事前に水をかけてください。水をかけることにより、細かいほこりを流します。
この作業をしないと、塗装に細かな傷がついてしまい、光沢が損なわれることになります。
また、日中の気温が上がる時間帯は、水をかけることにより、ボディーの表面温度を下げる効果があります。
ボディーの温度が高いまま、シャンプーを使用したりすると、塗装の変色の原因や光沢が損なわれることになりますので注意してください。
では、どのような洗剤やワックスを使うのが良いのでしょうか。
最近は、シャンプーを使わずに水洗いをして、ボディーが濡れている状態で水性ワックスをスプレーしながら、水滴をふき取っていくタイプの商品が販売されています。
まず、ボディーに水をかけて、細かなほこりを落とします。
タールなどが付着している場合は、ボディーシャンプーでタールや油分を落としておきましょう。
全体にシャンプーでボディー洗浄が終わったら、水道水でシャンプーを洗い流します。
そして、水性ワックスをスプレーしながら水滴を拭き取っていきます。もし、時間があるなら、簡単に水滴を拭き取ってから水性ワックスをスプレーして、乾いたタオルでふき取っていく方が効果は高いです。利点は、濡れたボディーに直接スプレーするだけなので時間が短縮できることと、ガラス面にも効果があることです。洗車時間を短縮して、上手にお手入れをして、愛車をきれいにしてあげましょう。

ボディ用洗車用品の正しい使用方法について

ボディ用洗車用品の正しい使用方法を守らないと、車に傷を付けたり痛めたりしてしまいますので注意が必要です。
始めに車全体に水を掛け、水を流しながらスポンジで優しくなでるように砂やホコリを水洗いします。
次に、汚れを落としやすくさせる働きと、ボディの滑りを良くする働き、キズを防ぐ働きなどのあるシャンプーで、車全体を洗います。
洗い終わったら、水を掛けてシャンプーの泡をしっかり洗い流します。
この時、泡が残っていると、乾いた時に跡になりますので注意が必要です。
次に、セームやクロスなどを使ってボディに付いた水滴を拭き取ります。
水滴が残っていると、水道水に含まれるカリウムやカルシウムなどがボディに付着して白い跡が残ってしまったり、水滴がレンズの役目をしてボディを痛めたりしてしまいますので、素早く作業します。
次に、ボディに光沢を出す役割と、コーティング効果などのあるワックスを使うのですが、ボディ全体に塗ってしまうと、乾きすぎてしまい、拭き取りが困難になってしまうので、パーツごとに塗り、拭き取ったら次のパーツを塗る方法が効率的です。
ワックスには固形、ハンネリ、液体などの種類があり、ボディカラーによっても分けられていますので、注意が必要です。

キレイにしておけば汚れにすぐ気付ける

車の汚れは放っておくと取れにくくなったりボディに固着してしまうなどして落とすのに時間もコストもかかるため、予防策をとっておく必要があります。定期的に洗車をしておくと、新たな汚れに気がつきやすく落とすのも簡単です。車に付くものにはそれぞれ種類があり、水で落とせるもの、カーシャンプーが必要なもの、専用の手順を踏んで落とさなければならないものがあります。水で落とせるものは砂や雨の水滴後などで、これは街中にある高圧洗浄機で対応できます。カーシャンプーが必要なものは油の付着などがあげられます。これも放置すると紫外線に反応し塗装にしみができてしまいます。またタールなどが他の不純物と混ざり固まってしまったり、鉄粉が固着してしまうと専用クリーナーによる除去が必要です。水が化学反応を起こしウロコ状になったウォータースポットは放っておくと除去できず、再塗装が必要になってしまうため磨いて早期に取り除く必要があります。どのパターンも早めの対応をとっていれば大事に至らず、そのためにもすぐに気が付けるよう、日ごろからボディを綺麗な状態に保つことが肝心です。時間のない方も高圧洗浄機を利用するなど工夫をして、メンテナンスをすることをお勧めします。

車をキレイに乗る人は事故も少ないってホント?

最近の若者は、団塊の世代に比べ、趣味や嗜好の範囲が広がったこともあり、車に対するあこがれも無く、何故車を綺麗にするのかと意味が分かっていないようです。
車を綺麗にするのは、見た目もありますが、一つには車に対する愛着の現れかと思います。
高級車ほどピカピカに綺麗にされています。
車を洗車するのは、水垢・花粉・黄砂等で車がダメージを受けていますので、軽減する意味があります。
最近の車は、技術的に塗装の技術が上がってきていますので、洗わなくても錆びるということは無いかも知れませんし、洗わなくても不要ではと意見が出るのもうなずけます。
車を単なる道具と考えれば、猶更です。
結局は、個人の価値観になってきますが、車を大事にすることにより、無理な運転もしなくなる筈です。
車は便利な反面、凶器にもなるのです。
そんな危険な道具に、命を預けれますか、車を洗うことで、傷の確認や・車の状態を確認をする意味もあります。
頻繁に確認・点検を行うことで、事故に遭う確率が低くなるというデーターもあります。
車を洗うことで、自分の心を磨いているのです。
例えば、フロントガラスに付く油膜は安全運転の妨げになります。
油膜を取り除くことで、視界は良好になり、安全運転が期待できます。

 

洗車の重要性について

環境によって違いがありますが、車を使用していると雨が降ったり、砂やほこりなどいろいろな汚れがついてしまいます。そして、車体についた汚れをそのままにしてしまうと、いろいろな汚れが蓄積されてしまうことをはじめ、汚れによってはキズがついてしまったり、コーティングや塗装などに影響を及ぼしてしまったり、錆びてしまう原因になってしまう場合もあります。そのため、定期的に洗車を行って、車体についてしまった砂やほこりなどの汚れを洗い落とすことによって、コーティングや塗装などを長持ちさせることが大切です。そして、車体についてしまう汚れの中でも、雨が降った後に残ってしまう雨粒の跡はそのままにしてしまうと取れにくくなってしまう場合がありますし、雨には砂やほこりなどいろいろな汚れが含まれています。そのため、雨に含まれている砂やほこりなどをそのままにしてしまうと、コーティングや塗装などに影響を与えてしまう場合があるので注意が必要です。そして、海の近くを訪れた際には、塩害によって錆びやすくなってしまう場合があります。そのため、海を見に行ったり海の近くに行った際には、早めについてしまっている塩を洗い流すことが大切です。