キレイにしておけば汚れにすぐ気付ける

車の汚れは放っておくと取れにくくなったりボディに固着してしまうなどして落とすのに時間もコストもかかるため、予防策をとっておく必要があります。定期的に洗車をしておくと、新たな汚れに気がつきやすく落とすのも簡単です。車に付くものにはそれぞれ種類があり、水で落とせるもの、カーシャンプーが必要なもの、専用の手順を踏んで落とさなければならないものがあります。水で落とせるものは砂や雨の水滴後などで、これは街中にある高圧洗浄機で対応できます。カーシャンプーが必要なものは油の付着などがあげられます。これも放置すると紫外線に反応し塗装にしみができてしまいます。またタールなどが他の不純物と混ざり固まってしまったり、鉄粉が固着してしまうと専用クリーナーによる除去が必要です。水が化学反応を起こしウロコ状になったウォータースポットは放っておくと除去できず、再塗装が必要になってしまうため磨いて早期に取り除く必要があります。どのパターンも早めの対応をとっていれば大事に至らず、そのためにもすぐに気が付けるよう、日ごろからボディを綺麗な状態に保つことが肝心です。時間のない方も高圧洗浄機を利用するなど工夫をして、メンテナンスをすることをお勧めします。

コメントは受け付けていません。