車をキレイに乗る人は事故も少ないってホント?

最近の若者は、団塊の世代に比べ、趣味や嗜好の範囲が広がったこともあり、車に対するあこがれも無く、何故車を綺麗にするのかと意味が分かっていないようです。
車を綺麗にするのは、見た目もありますが、一つには車に対する愛着の現れかと思います。
高級車ほどピカピカに綺麗にされています。
車を洗車するのは、水垢・花粉・黄砂等で車がダメージを受けていますので、軽減する意味があります。
最近の車は、技術的に塗装の技術が上がってきていますので、洗わなくても錆びるということは無いかも知れませんし、洗わなくても不要ではと意見が出るのもうなずけます。
車を単なる道具と考えれば、猶更です。
結局は、個人の価値観になってきますが、車を大事にすることにより、無理な運転もしなくなる筈です。
車は便利な反面、凶器にもなるのです。
そんな危険な道具に、命を預けれますか、車を洗うことで、傷の確認や・車の状態を確認をする意味もあります。
頻繁に確認・点検を行うことで、事故に遭う確率が低くなるというデーターもあります。
車を洗うことで、自分の心を磨いているのです。
例えば、フロントガラスに付く油膜は安全運転の妨げになります。
油膜を取り除くことで、視界は良好になり、安全運転が期待できます。

 

コメントは受け付けていません。