車内のお手入れを忘れていませんか?

自動車は手入れ次第で長持ちするかどうか決まります。
特に自動車は青空駐車場に停めていることが多く、夏は炎天下のもと、また雨や雪などいろいろな天候にさらされている状況になります。
やはり太陽光線や温度差によってくるまはどんどんと劣化してきます。
それを少しでもケアするには手入れが必要がです。室内はエアコンをかけていることも多くあまり温度差は気にならないかもしれませんが、ウィンドウからの太陽光線でダッシュボードの日焼けを起こすこともあるのでウィンドウガラスに太陽光線を遮るようなものを取り付けておくといいでしょう。
室内はやはり外気が入ってきます、外気には汚れが含まれているのでおのずと室内も汚れてくるのです。
そのような場合はシードなどに汚れが付いてしまいます。シートの汚れはどのようにとればいいか、まず掃除機などで汚れを吸い取ることです。
そしてタオルなどで拭くということになりますが、単純に吹いてしまっては汚れを伸ばすだけなので、叩くようにして汚れを取るといいでしょう。
このように室内も汚れや劣化してしまうのでこまめに掃除をしたり手入れをする必要があります。
室内が綺麗だと乗っていても気持ちのいいものです。

コメントは受け付けていません。